RSSはこちら

ほむこ

ロンリーな不登校児の小5(母子家庭)のブログ

プロフィール

ほむこさん

Author:ほむこさん
2000年8月18日生まれ(しし座/11才/女)

満月さんのチャットルーム
上記URLはわたしが出没するかもしれない部屋

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2011⁄11⁄01(Tue)
  • 04:45

許すことにした



はてしない物語を読み終わる

主人公も家に帰れたし

性質の悪い魔法は終った

いちおー主人公のバスチアン(変な名前!)は許してやることにした

返すあとに何か借りようかと思ったけど

読み終わった余韻が残るうちは止めておこうと思う

ハッピーエンドよかったという終わりじゃない感じで不思議

ジブリ作品で何か観たい感じかな
スポンサーサイト
category
未分類
  • 2011⁄10⁄30(Sun)
  • 09:00

プリキュア みゅーずみゅーず! 



アコが今回は可愛い回だった

ピンク親父が駄目すぎで笑った

最後はツンデレアコが台無し
category
未分類
  • 2011⁄10⁄23(Sun)
  • 14:22

ほむこのことば

magika_26_convert_20110620165325_convert_20111003083835.jpg

魔王ネタ

異世界に呼び出されたほむこは向こうの言葉が話せない

でも話してることはわかる

ほむこも普通に話そうとするけど

なぜか通じない

周囲には別の言語で聞こえてるわけ

ただし動物とか魔物とは普通に話せてしまうことから

亜人と魔物の混血扱いされてしまう



ほむこ:「今日はいい天気」>>「ホムホム」

という感じ

王子に拾われるのも保護の目的からだったりとか理由つけ
category
ほむこは魔王でした
  • 2011⁄10⁄23(Sun)
  • 01:03

王子の設定を考える

magika_26_convert_20110620165325_convert_20111003083835.jpg

話の序盤で助けてくれる王子を設定

年はほむこと変わらないくらい

勇者の末裔でとある国の王子

わけあって旅を守護騎士としている

魔王候補であるほむこをかくまってしまったり

危機管理能力には欠けている

王子は魔王が復活する報せを他国に伝える旅の途中だった

王子は実は女の子で男装っ子とか考えたけど採用するか不明
category
ほむこは魔王でした
  • 2011⁄10⁄22(Sat)
  • 18:14

ほむこは飢えていた

magika_26_convert_20110620165325_convert_20111003083835.jpg

きょうの晩御飯はほむこがつくりました

カレーにしようかと思ったけど ハッシュドビーフにしました

たまねぎに包丁を入れてから約50分で完成

味はいい感じ

根菜類使ったシチューって簡単でいい

わたしでもつくれる

最近は手際がよくなった気がする
category
未分類

カウンター

更新履歴



総記事数:

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

月別アーカイブ

Web page translation

CustomRssReader

非常ボタン

計算×50

TOEICボキャドリル(わんこ版)

淡々と百人一首

    簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)

    ワンクリゲー


    presented by NOW

    Flashリバーシ

    ニコニコ x YouTube 動画ランキング

    QRコード

    QR

    ブログランキング


    コメントとか欲しいかもです
    ブログランキング設置してみました
    カテゴリは「小学生」「不登校」「ことば・詩」です
    ブロとも申請はフリーダムで受けつけます

    ブロとも申請フォーム

    今日は何の日?教えて慧音先生

    クリスマス演奏会



    presented by パッヘルベルによろしく

    クラシック演奏会

    ブログで世界旅行(オランダ編)



    presented by オランダ旅行

    ブログで世界旅行(スイス編)



    presented by スイス旅行

    日田んもん点取り占い

    文楽みくじ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。