RSSはこちら

ほむこ

ロンリーな不登校児の小5(母子家庭)のブログ

プロフィール

ほむこさん

Author:ほむこさん
2000年8月18日生まれ(しし座/11才/女)

満月さんのチャットルーム
上記URLはわたしが出没するかもしれない部屋

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2011⁄10⁄08(Sat)
  • 04:11

てのひら/小説【走れポチロー】

 ここは野球場、チーム同士で今試合が行われていた。

『七番手ポチロー、大事な場面、ランナー一塁、二塁。一打出ればマイナーズ逆転のチャンスです……』

 放送席ではアナウンサーが実況を続ける。
 ずんぐりむっくりなポチローが立ち上がると観客席が沸き立った。

『今シーズンのポチロー選手、バットが振るわず未だノーヒット。ここで挽回することができるでしょうか~』
 
 バッターボックスで構えるポチロー。
 ピッチャーとキャッチャーが目配せしあう。
 振りかぶるピッチャー、ど真ん中ストライク。
 挑発の一球に虚しく空を切るバット。

『おっと、これはいけません。ポチロー選手、雰囲気に飲まれているのかー。第二球』

 今度もまたストライク。
 バットが振られることはなかった。
 観客席からため息が漏れる。
 構えなおしたポチローのバットが小刻みに揺れ始める。

『ここでチャンスを逃せばマイナーズ最下位脱出なりません!』

 場内の雰囲気など気にせずポチローはバットの揺れを止めない。
 ピッチャーが振りかぶり第三球を投げる、がクソボールだった。
 安堵の溜息が観客席から響いた。
 続いて二球クソボールが続き、ストライク2、ボール3となっていた。

『しかし両者、後がありません。お互い苦しい展開か』

 そして投げられる速球をポチローが捕らえた。
 カキーンと音を響かせた球は天高く吸い込まれていく。
 しかしボールが落ちてくることはなかった。
 ドームの天井に球が突き刺さっていたからだ。

『これは・・・ホームラン?』

 実況がつぶやくも周囲ではざわめきが包んでいた。
 なぜならポチローが走り始めていたからだ。

『おっと、これは、ポチロー選手?』

 ポチローは逆走していた。
 三塁へ走り、なにやってんだお前! という同僚の声を無視し、二塁走者の首をひっつかみ、さらに一塁の人も捕まえてホームにインしていた。
 ポチローは爽快感から人生で一番輝く笑顔でキラキラしていた。
 あまりのことに観客席は静まり返る。
 そのとき、天井に突き刺さった球が落ちてきた。
 たまたまそこにいたセンターがボールをキャッチする。

「アウトッー!」

 審判の声が響き渡った。
 
 マイナーズはやっぱり最下位だった。
 今シーズンが終わって、ポチローはクビを言い渡されてマイナーズ球場を去った。  
スポンサーサイト
category
てのひら小説

カウンター

更新履歴



総記事数:

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

月別アーカイブ

Web page translation

CustomRssReader

非常ボタン

計算×50

TOEICボキャドリル(わんこ版)

淡々と百人一首

    簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)

    ワンクリゲー


    presented by NOW

    Flashリバーシ

    ニコニコ x YouTube 動画ランキング

    QRコード

    QR

    ブログランキング


    コメントとか欲しいかもです
    ブログランキング設置してみました
    カテゴリは「小学生」「不登校」「ことば・詩」です
    ブロとも申請はフリーダムで受けつけます

    ブロとも申請フォーム

    今日は何の日?教えて慧音先生

    クリスマス演奏会



    presented by パッヘルベルによろしく

    クラシック演奏会

    ブログで世界旅行(オランダ編)



    presented by オランダ旅行

    ブログで世界旅行(スイス編)



    presented by スイス旅行

    日田んもん点取り占い

    文楽みくじ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。